車の売却に必要な書類について紹介します。車検証、自賠責保険、自動車税の納税証明書、リサイクル券、印鑑登録証明書(2通)、実印が必要になります。

まずは、車検証、自賠責保険、自動車税の納税証明書、リサイクル券があるかを確認しましょう。車検証、自賠責保険、リサイクル券は、一緒にまとめて車内に保存していると思われます。

自動車税の納税証明書は車検の時に必要なため、車検の後でしたら、上記の書類と一緒に置いてあるかもしれませんが、そうでなければ、毎年、口座振替をしている場合は税務署か市役所の資産税課から領収書が郵送で届きます。

納税通知の振込用紙が毎年届く場合は、振り込んだ証明として領収書を受け取ることになりますできちんと保存しておきましょう。

これらの書類を紛失したとしても、再発行は可能です。気がついたときに、即、再発行の手続きをとりましょう。車検証の再発行としては、付いているナンバーを管轄する運輸支局で再発行の手続きをとります。再発行には数百円程度の手数料が掛かります。自賠責保険の再発行では、加入している保険会社で再発行の手続きを行います。

再発行に伴う手数料は無料です。自動車税の納税証明書は、陸運局(運輸局・支局)の近辺にある自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で再発行の手続きをとることができます。ただし、軽自動車の場合は市区町村の役所にある納税課で再発行してもらいましょう。

最後に、印鑑登録証明書は役場で2通(1通は名義変更、もう1通は自動車税の権利譲渡に使用)取得する必要があります。印鑑登録証明書には3ヶ月という有効期限がありますので、契約後に取得するようにして、引き渡す時には、印鑑登録証明書と一緒に印鑑登録されている実印も忘れないように持参しましょう。


【1】中古車一括見積もり

新車を購入する時や新生活を始める時には、今まで所有していた車を手放す事になりますが、ちょっと前までは中古車査定を行わずに現在所有している車を買った所や新しい車を買う所で買い取って貰うか、破棄するケースが多かったです。

しかし最近は、不景気の影響もあり、自分の愛車を手放すのに出来るだけ高く買い取って欲しいという傾向になっています。またインターネットの普及に伴い各中古車査定業者から気軽に見積もりを取得する事が出来るようになっています。

従来のスタイルである店舗での中古車査定は買取業者から押し切られて安く売ってしまう事や新しい車を売られる事も多かったそうですが、インターネットでの中古車査定は1カ所もしくは複数の中古車買い取り業者から一括見積もりが取得できるので一番見積もり金額の高い所に連絡するだけで良いという点と見積もりを提出する中古車査定業者は競合他社との競争なども絡んで店舗での見積もりよりも高めに査定する事も多いそうです。

この点からも中古車査定には店舗への直接訪問よりもインターネットから申し込む方が手間やお金の面でもお得に申し込めると言えます。しかも、簡単な内容を書き込み早ければ5分以内に数社からの見積もりがメールで届きますので時間効率も高いです。 ンターネットの普及に伴い各中古車査定業者から気軽に見積もりを取得する事が出来るようになっています。

見積もりを取ったから絶対に売らなければならない事も無くしつこい勧誘なども無いので、もし見積金額が気に入らなかったら届いた見積金額を参考にして、ご自分で中古車買い取り業者を探しても良いと思います。ンターネットの普及に伴い各中古車査定業者から気軽に見積もりを取得する事が出来るようになっています。


【2】中古車買い取り比較

中古車を高く買い取ってもらうためには、なるべく多くの中古車買い取り店に査定してもらう事だとは一般的にいわれますが、中にはセールス電話がかかって来るのがイヤだったり、比較するのは数社で充分だ、という方もいらっしゃると思います。

つまり査定してもらう会社は多いほうがいいですが、数社でもそれなりに相場は分かりますので、あまりにも沢山の買い取り業者に査定してもらうのはいやだ、という人には、一括無料査定ではなく、直接中古車買い取り店に査定を申込む方法をとってもいいと思います。最大手の中古車買い取り店ばかりなので、あなたのお住まいの近くにもあると思います。まずはインターネットで査定の申込みをしましょう。

数社なら直接行ってもいいのでは?と思われるかもしれませんが、いきなり直接行くのはあまりオススメできません。なぜかと言うと「かなり粘られる」からです。いろいろな理由を並べて、その場でなんとか契約しようとしますので。
大手の買い取り店なら、ネット査定フォームが用意されてますので、まずはネットで概算だけ出してもらうようにしましょう。

ただ、中古車買い取り額を引き出す場合は、2社よりも3社、3社よりも4社に査定してもらうほうが良いです。当然ですが、沢山の中古車買い取り店を競い合わせたほうがいいのです。

そんな査定申込を簡単でスピーディに出来るのが、無料一括買取査定サイトです。
一度のデータ入力で複数の車買い取り業者などに一括して査定申込できますので。
中古車を売るには一番便利なサービスなので積極的に活用してみていいと思います。


【3】中古車の売却

最近、エコブームでリサイクルが盛んですが、車のリサイクルって難しいですよね。

もともとの持ち主が中古車を売却して、次のユーザーが使う。

オークションも色々ありますが、高額なもの特に車だと、 売却する方も買取する方もリスクが大きいような気がします。

だから、しっかり調べてできるだけノーリスクでいきたいものです。

そのためには、時間的にも金銭的にも余裕がある時に新しい車を検討する方が利口だと思います。

中古車の売却、これはできるだけ高値で売却したいのが人情ですが、
買い取る方は反対のことを考えています。

なので、相場を知るということがまず大事になってくると思います。
そのために、中古車を売却と考えたら、まず、査定をしてもらいましょう。

中古車の査定は最近ではインターネットでも簡単にできます。
一括見積もりでは、引越しがよく知られていますが、
中古車の査定も一括査定があります。

中古車の一括査定は、申込みすると複数の中古車買取業者が競い合って、
査定額を提示してくれるという仕組みです。

申し込みというのは、自分の個人情報と売却したい中古車の情報を入れるだけです。
もちろん詳しい査定となると、
買取り業者に持ち込むなり、希望の場所に出張で査定してくれたりということになります。

ものの価格というのは需要と供給のバランスです。

より多くの買取り業者に査定してもらうことによって自分の車の相場がわかりやすくなります。
また、買取り業者の方が私達素人より車のことをずっとよく知ってるののです。
それに踊らされるのでなく、よく利用して自分の車を正当に評価してもらうということが、
中古車売却のポイントだと思います。


【4】 愛車の売却を考えているのなら

愛車を売りたくても、初めての場合はとまどうことが多いと思います。まずは買取を行っているお店を何軒かピックアップして、査定をお願いしましょう。たいていは無料のはずです。インターネットなら一括査定も可能です。

複数業者に査定額を出してもらい、その中から1軒選んで売却の契約をします。売却のための書類もいろいろ必要ですので、それらも揃えておかなければなりません。

自分で用意するもの・買取業者が用意してくれるものとありますので、よく確認しておきましょう。ローンの支払いが終わっていない場合は、ローンの処理もあります。車検が切れている場合や事故車・改造車でも、査定は低くなるでしょうが買い取ってもらえます。契約処理がきちんと終われば、車を引き渡し、買取業者から代金をもらえば完了です。

そして中古車販売業者の店頭に並んだり、インターネットオークションなどに売りに出されたり、海外へ渡ったり、解体されて部品を再利用されたりと、愛車は生まれ変わるのです。売却する前には、いままでの感謝と愛情を込めてキレイにしてあげましょう。